インテリア

リラックスできる家を建てるなら注文住宅がイチオシ

ベッドタウンに家を建てる

家

予算やこだわりを考える

東武東上線の沿線に新築一戸建てを建てる場合、住宅情報サイトで建売り住宅の物件を調べると、平均的な価格や大きさがわかります。注文住宅でいちから新築を建てるより、建売り住宅や分譲住宅の方が、平均的に価格が安くなるというメリットがあり、予算をおさえたい場合には適しています。注文住宅にするメリットは、間取りを自由に決められることです。注文住宅では、家族の人数やこだわりを重視して、間取りを設計することができます。注文住宅は外観もすべて自由に決められるので、どこに予算をかけたいのか、ハウスメーカーや工務店としっかり話し合ってデザインを決めることが必要です。どんな家にしたいかという明確なビジョンがある場合に向いています。

利便性がいい場所

東武東上線は、東京都の池袋から埼玉県の川越方面へ走る電車の路線で、通勤や通学で頻繁に利用されています。特に埼玉県のベッドタウンから、東京都へと通勤する会社員が多いことが特徴で、東武東上線の沿線に新築のマイホームを建てる人は、東京都で働いている人が多いのが特徴です。そのため、東武東上線沿線の土地は安定して高値となっていて、新築一戸建てを建てる場合には住宅ローンを利用する人がほとんどです。都心に近いほど価格は高くなる特徴がありますが、東武東上線の駅に近い新築一戸建ては、ベッドタウンとしてスーパーや公園も近くにあり、利便性がよい場所にある物件が多くなっています。東武東上線の沿線は住宅街が多く、治安もよく住みやすいのが特徴です。